ホクロかと思ったら……これが首イボか?

40を超えてきた頃、お風呂から出て鏡の前に立って、「太ったなあ」と身体を見ていると、やけにホクロが首元に増えているのを発見してビックリしました。

しかし、良く見て触ってみると、どうもブツブツ状になっていて、ホクロではなさそうでした。

そこで念のため皮膚科に行って診てもらうと、スキンタッグと呼ばれる良性の首イボとのこと。私のような、やや太めの中年女性の、汗を多くかく場所などに発生することが多いようです。

特に他人に感染したりすることもないようで安心しましたが、首元の開いた服を着た時など、見た目が明らかに悪いので、炭酸ガスレーザー治療と呼ばれる、レーザーでスキンタッグを焼き切る方法で切除してもらいました。

焼き切ると言っても、1つ1つの作業は非常に短時間で、麻酔によって痛みもほとんどなく、見た目もすっきりして満足しています。

保険が適用出来ないので、割高な部分はありましたが、何度も皮膚科に通う必要もなく、治療して良かったと思います。